沖縄におけるバス自動運転実証実験

概要

SIP自動走行システムでは、自動運転技術の公共バスへの活用等について必要な技術検討等を行っていますが、内閣府沖縄担当部局における沖縄の交通環境改善に向けた取組との連携により、沖縄での公共バスの利便性向上、地域社会の活性化等を目指し、平成28年度から30年度にかけて、同県でバス自動運転実証実験を推進することとしています。

日時

 平成29年3月20日(月・祝)~4月2日(日)

場所

 沖縄県南城市「あざまサンサンビーチ」周辺道路

主な実施内容

 ・走行ルートにおける自動運転の性能評価(正着制御の精度、車線維持制御の安定性等を検証)
 ・走行状況(速度・位置等)のデータ収集・モニタリング、運行管理などに関するシステム検証
 ・自動運転技術を使った公共バスの社会受容性調査 等



映像配信

 実証実験の紹介動画、及び自動運転時の映像をご覧いただけます。

紹介動画



自動運転時の映像