実証実験の取組

大規模実証実験

自動走行システムの実用化の加速を図るため、5つの技術領域の研究開発成果について、自動車メーカー等の参加のもと、公道の実交通環境下において技術検証を行う。

目的
・多くの自動車メーカー等が参加したオープンな場での多くの目による評価・検証
・海外メーカーの参加による国際連携・国際標準化の推進
実施時期
平成29年10月3日~平成31年3月 ※実施内容及び参加機関に応じ順次開始
参加機関
国内外の自動車メーカー、自動車部品メーカー、大学 等 計21機関
  ※10月3日現在
実施エリア
・高速道路(東名高速、新東名高速、首都高速及び常磐自動車道の各一部)
・一般道路(東京臨海地域周辺、茨城県つくば市周辺等)
・テストコース((一財)日本自動車研究所テストコース(茨城県つくば市)等)
主な実施内容
・高精度3次元地図試作データの実走行検証(ダイナミックマップ)
・ドライバーの運転意識集中度のデータ収集等(HMI)
・サイバー攻撃に対する自動走行車両の防御機能確認(情報セキュリティ)
・車と歩行者端末間の無線通信による事故低減効果検証(歩行者事故低減)
・公共バスへの自動走行技術等の活用に関する検証(次世代都市交通)

<最新情報>

10月3日
プレスリリースを実施

▲Page Top